• English
  • Japanese

FAQ 慶應メールに関するもの

FAQ(よくある質問)

A. 慶應メールに関するもの

  1. そもそも「慶應メール」とは何ですか。
  2. 「慶應メール」は誰が使えるのですか。
  3. 「慶應メール」は生涯使い続けることができるのでしょうか。
  4. 「慶應メール」を利用したいのですが、どうしたらいいですか。
  5. 私には「慶應メール」は必要ありません。
  6. 私が利用しているメールアドレスを「慶應メール」で利用できますか。
  7. 「慶應メール」を利用するにあたり、料金は必要ですか。

(Q1) そもそも「慶應メール」とは何ですか。
(A1) 義塾の教職員塾生が利用できる、全塾共通のメールシステムです。 Webブラウザから利用ができますので、インターネットに接続できる環境があれば、いつでもどこからでも、 メールを送受信することができます。

(Q2) 「慶應メール」は誰が使えるのですか。
(A2) 2017年10月現在、大学生(通信教育課程生を除く)、大学院生、教職員が利用可能です。
         ※通信教育課程通年スクーリング生は、利用可能です。
         ※一部の特別学生は、利用できません。

(Q3) 「慶應メール」は生涯使い続けることができるのでしょうか。
(A3) 卒業または修了されて塾員となる方(後期博士課程を所定単位取得退学する方を含む)のみ、離籍後も永続的に利用可能です。

(Q4) 「慶應メール」を利用したいのですが、どうしたらいいですか。
(A4) 「慶應メール」は、keio.jp(共通認証システム) のアカウントで利用することが可能です。 keio.jp(共通認証システム) のアカウントをすでにお持ちの方であれば、keio.jp のログイン後に表示される画面から、「慶應メール」を選択して利用することができます。 「慶應ID」をまだ取得していない方は、アクティベーションを行って「慶應ID」を取得してください。 アクティベーションの詳細については、keio.jp 利用ガイドをご覧ください。

(Q5) 私には「慶應メール」は必要ありません。
(A5) 「慶應メール」は、keio.jp を利用する方は皆さんが利用可能です。しかし、利用するかどうかについては、強制ではありませんので、必要に応じてご利用ください。

(Q6) 私が利用しているメールアドレスを「慶應メール」で利用できますか。
(A6) 「慶應メール」用のメールアドレスは「慶應ID」になります。一方、「慶應メール」は外部アドレスのメールを POP により受信することが可能ですので、他のメールシステムのメールを「慶應メール」で読み書きすることが可能です。

(Q7) 「慶應メール」を利用するにあたり、料金は必要ですか。
(A7) ITCのネットワーク利用料に含まれております。

最終更新日: 2017年10月3日

内容はここまでです。